かんの眼科クリニック

トップページクリニックご紹介アクセス(地図)診察カレンダーご挨拶コンタクトレンズ

角膜形状解析装置を導入しました

  角膜は透明性も大切ですが、レンズの役目も果たしているため形状も大切です。

きれいなお椀型の形状がくずれると乱視となり、正乱視、倒乱視、
不正乱視となり、補正して視力を出すのにコツがいるようになります。

その時に角膜の形状を正確に映し出してくれるのが、この角膜形状解析装置です。

不正乱視、円錐角膜、ペルーシド角膜変性、レーシック後の角膜形状等を
カラーマッピングでわかりやすく視覚化してくれ、診断や治療に有用となるのです。

 

コンタクトレンズを処方する時にも、どのコンタクトを装用すればいいかの情報を提供してくれます。
ハードコンタクトレンズで特に有用ですが、ソフトコンタクトレンズにも有用です。

円錐角膜や強度の不正乱視では、ハードコンタクトレンズを使用して矯正しますが、
強い変形があると既存のコンタクトレンズは装用できません。

しかし、この角膜形状解析装置のデータを用いて、患者さんの角膜にフィットする
オーダーメイドのハードコンタクトレンズを作成しますと
痛みのない、ずれない、視力の出るコンタクトが出来ます。

ケラトメーター、角膜内皮測定装置、角膜形状解析装置と角膜を検査する装置が揃っていますので、
コンタクトが合わない等でお困りの時には、是非、ご相談下さい。

緑内障の検査・治療

私は長年緑内障を専門とし、大学病院で研究手術を行ってきました。
開業してからはクリニックでは手術はしていませんが、
在職していた大学病院で手術に参加しています。
緑内障に関して、常に最先端の知識を勉強していますので、
その知識をクリニックでの診断、治療にいかして医療を行っています。

緑内障の検診、お悩みがありましたら受診して頂ければと思います。
緑内障には多くの病型があり、患者さん一人一人で違います。
ご自分の病気の病型を知り、程度を理解し、
治るタイプの緑内障はしっかり治し、残念ながら治らないタイプの緑内障では
少しでも進行を遅くするように治療を行う事が大切です。

治療の基本は点眼です。現在の緑内障治療の点眼は、種類が多く、
それぞれの薬がどこに効きどのような特性があるか、さらに副作用もあります。
どの薬を使うのか、その効果を判定し、今の治療が効いているのかを
常にフィードバックして、患者さんひとりひとりに
オーダーメイドの治療を実施していくことが大切と考えています。

当院は院内処方で、緑内障の点眼薬を全て揃えていますので、
その場で実際の薬をお見せしながら、薬の説明・変更・追加を行っています。

緑内障の検査機器としては、ハンフリ静的視野計、ゴールドマン動的視野計、
OCT(緑内障での網膜神経線維層を計測)、無散瞳眼底カメラ等を揃えています。
その機器を用いて、緑内障の進行を少しでも防止できるように医療を行っています。

病気を理解して、今の自分の状況を知っていれば、
治療に対して前向きになって頂けると思いますので、
検査の度に結果をきちんと説明させて頂いています。

緑内障は一生治療を続けることが必要です。

視野検査は病態を示す貴重なデータで患者さんひとりひとりにとっての
宝物ですし、眼圧と視野変化の関係も大切です。

長期にわたって検査と治療を続けていける、
患者さんと医師とのいい関係を築きたいと思いながら
診察をしていますので、安心して受診していただければと思います。

トップページクリニックご紹介アクセス(地図)診察カレンダーご挨拶コンタクトレンズ

かんの眼科クリニック

Copyright (C) 2013-2016 by Kanno Eye Clinic & Isow Co.Ltd. / Jun Maeda